スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
Parallel Expressionの歌詞に関して

コミックトレジャー22にて「Parallel Expression」をご購入していただき、真にありがとうございます。

こちらの記事には収録されている楽曲の歌詞を書かせて頂きます。

【2_She no nome】

かがやいて かがやいて

なかないで わたしのそら

ここにいること

あすにむかうこと

おしえてわたしが

きみと出会えたら

かおお

あげて

まえをみつづけて

そらをみあげて

わらいあえるかな

かがやいて

かがやいて

なかないで

つよくなれ

そらをみろ

わたしはもう

まえをむきあるきだす

つらくてもつらくても

さけぶようにうたうよ


たちどまれない

そらはかわああて

るりいろにひかる

きみはかがやいて

きょうへと

あさと おしえてくれるね

だから 前を向き笑って歌うよ

巡る時廻り廻り経て進む進む君流れ流れ空

どうかどうか今勇気をください

前を前を向く勇気ゆうきを


【3_春花火】

春のにおいにつれられて

萌える心は桜の如く

咲くこともなく散るのが恥なら

咲かしてみせましょう


出会いと別れの季節には

腫れた惚れたの恋がつきもの

遥か時より続けられていく

春の風物詩よ


(臆病)風に吹かれる

(怖くて)踏み出せない

(それでも)はなちらす

恋に生きていく



放て 花火

言葉を 散らし

桜色に染め上げていけ

かくも燃える恋路の景色

春の花火打ち上げ(て)


好きですと

あなたに伝えたい


でも言えない心のジレンマ

勇気をください 桜

春の花火打ち上げて


空は晴れて澄み渡る

ここから踏み出す新たな一歩

多少の花粉はご愛嬌

心躍るハレの日


桜続く坂道に

私の求めた青春がある

まだ見ぬ春を探していく

恋に、そう恋して


(出会いは)一度しかない

(だからこそ)今しかない

(青春)はららばな散華

恋よ駆け抜けて



弾けて 花火

頬を 赤らめ

桜色に染め上げていく

かくも燃える恋路の景色

春の花火打ち上げ(て)


好きですと

あなたに伝えたい


どうか届きますように

勇気をください 桜

春の花火 打ち上げて


【4_2weeks】

どうして てをつないだの ねぇ

おもわせぶりなしぐさで さぁ

それなのに ならないでんわ

あのひのこと

すべてゆめなの


あまくとかしつくされて

すぐおちてしまったの

ひとりできもちよくなって そう

かってにばからしいの


どうして あなた えがおだったの

どうして わたし あなたに


苦しくて 
切なくて
「会いたいよ」って送るの
それでもさぁ鳴らなくて
寂しくて
いじけて
でも
虚しくて
また
携帯
握り締め
迷って
しつこい自分が嫌で
自己嫌悪に
迷う

あのひを おもいだして

また ひとりで

あまくとけるのよ

それでも ものたりなくて

こらえきれず またメールを

とどく へんじ

きみとはもうあわない

しびれるあたま どうして

Dream of two weeks shorter milder ended

なにもかもがとつぜんで

すべてがゆめだったんだ

わたしはなにをしていた

ばかみたいなげんそうに

かなしいこともわすれた

何も無かった二週間

ほんとにくだらない歌


【5_Linked Song】

空を見上げ 君を探す

この声 届かせたくて

星に響け 心繋ぐ

この夜包み込んでいく


巡りまわる この季節

とめどなくながれながれ

雪が溶けて 桜咲いて

あの朝迎えにいこう


目を覚まして 呼吸

整わせて

さぁ扉開いて

いつもと違う

風に心弾ませて

これからを 探すのさ


空を見上げ 君を思う

この声 届かせたくて

波に揺れる 線を繋ぐ

花びら浮かばせていく


聞こえてくる 海の声に

笑顔 溢れて 弾けて

歌に合わせ さぁ踊ろう

あの朝迎えにいこう


いつからだろう

憧れていた

あぁ 私と違う

知りたくなる

君の写すその景色

見たくて 探すのさ


空を見上げ 君を思う

あなたの声 聞きたくて

風が流れ 線を描く

絆になりますように


聞こえてくる かすかな声

笑顔溢れ 嬉しくって

笑い合って 手を差し出し

あの光の射すほうへ


空を見上げ 笑い合って

歌声届かせていく

星に響け 心繋ぐ

この夜包み込んでいく


巡りまわる この季節

二人手をつなぎ合って

雪が溶けて 桜咲いて

あの朝迎えにいこう



スポンサーサイト
09/02 20:42 | 雑記 | CM:0 | TB:0
コミックトレジャーお疲れ様でした!

反省会&謝罪会ッッッ!!

というわけでコミックトレジャーへの準備&当日レポートです。

短く行きます。


~準備編~

実はコミトレ参加は偶然でした。

ぶっちゃけると今年も東方紅楼夢とM3秋だけでいいかなぁと考えてたんですね。

それは何故かというと自分の中で

「音屋系はコミトレに弱い」というイメージがあったのと、

前回の日記、月の繭remixを聴いていただけるとわかるんですが

「ボカロの調教が下手・・・!ヘタッピさ・・・!」

(春花火に関してはゆかりちゃんが上機嫌だったのかするする歌ってくれて感動したんですが)

で尻込みしちゃったんですね。

ところがある飲み会で偶然にも志波彰(@sibatiba)さんに描いた絵を見せてもらって

「コミトレでジャケ絵描いてもらうかぁおいぃ!」


という実に計画性皆無な勢いだけでコミトレのサークル参加を応募しました。

結果

CDできたのがコミトレ当日朝五時でした(白目)

しかも一曲削ってます。ほんとは「夏花火」という曲も収録する予定でした(吐血)

それでもなんとかこのCD作成のおかげで「ボカロ曲」という深淵の入り口には立てたと思います。

ただしルカ、お前とおれは居残り特訓な

今後の活躍(迷走)にご期待くださいませませ。


~当日~

まさかの壁サーを目の前にしたお誕生日席に心臓が痙攣しつつ

いそいそ準備。

そして開幕、拍手。

・・・色々とありましたが閉幕。

ぶっちゃけると今までの経験からすると売れ行きが一番弱かったなぁと感じました。

(いやこのブログやニコニコで宣伝してなかったりツイッターでしか広告しなかったりしかもpixivにて宣伝していただいたものもツイートしていないという宣伝力の弱さや、音楽ジャンルがバラバラすぎたことに関係ありまくりですが)

やっぱり準備不足、無計画だったなぁと大いに反省しています。

その反面、視聴していただいた方たちには大多数で購入していただきほんとにほんとに嬉しかったです。ありがとうございます!

自分がお店番していた時に視聴後未購入は一人だけでした。今後はその一人にも購入していただけるようなクオリティを追い求めて追い求めて&追い求めていきたいと思います!

そしてお隣になったSheepSlowlySleep。本当にお世話になりました。色々なお話を聞かせていただき楽しかったです!w

そしてジャケット絵を描いていただいた志波さんにも感謝を!お忙しい中ありがとうございました!

次は東方紅楼夢9ですね!またお会いしましょう!
09/02 20:27 | 活動 | CM:0 | TB:0
template design by takamu
Copyright © 2006 sudeno6 All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。